Blog

息子の近況

息子の近況

#63

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

先日書いた娘の近況に続き今日は息子の近況です。

娘の挑戦

 

突然ですが、息子が部活動を始めました

 

 

(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

 

もう1回いわせてください♪

 

 

息子が部活動を始めました~♡

 

ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

 

 

うふふ♡びっくりです。

えぇぇぇーーーー!!(嬉)です。

部活に行き初めて二週間が経ちました。

急に。

こちらもほんと急に!です。

びっくり。

 

バス通学にもだいぶ慣れた様子。

部活のない日はちょうどいい時間にバスがないので1時間ほど待つことになるのですが

バスを待つ同級生と時間を過ごしながら待っているようです。

 

送り迎えしなくていいの。。。何年ぶりか考えてみたら4年ぶりです。

毎日学校に始めから最後まで安定して行くのもたぶん4年ぶり。

 

だからといって何もないわけではなくって、いろんなことがあります。

 

でも、息子は中学生。

あと一年したら卒業で、進学しなかったら社会人です。

もうすぐ大人、って思うともう本人の力を信じて見守ることしかできないんだよなって。

守りたい気持ちがどうしもあって、手を出したり口を出したりしたくなっちゃうんですが、

ぐっと私もここは耐えて見守るをしないといけないって思っています。

 

しんどいな~、休みたいな~って口にすることも多々ありますが、いままでとは違うんです。

なんていうんだろう?

母親だから子供の顔色、声のトーンで

どこまでしんどいのか?止めなきゃいけないレベルか?なんとなーくわかりますよね^^

息子は大丈夫な顔色と声のトーンなので、誰にでもあるしんどい日、行きたくない日

っていうレベルで言っている感じがしているので安心してうんうんっ見守ってます。

 

しんどい時、あるある!

行きたくない日、あるある!

自然な気持ちだから、否定しなくて。

それでいい♡♡♡

 

いけなくなった時のあの暗い苦しそうな顔、忘れられません。

 

明日どうするのか?

朝起きて今日どうするのか?

学校何時に帰るのか?

予定通りいけるのか?

ずっとずっと見通しがつかなくて私もですが、息子もしんどかっただろうな・・・。

 

あの頃、どうしていいかわからずただただ息子を元気にっていうことを優先に考えて動いていました。

あのゆっくりできた期間があったから、今こうやって開けたと思っています。

 

間違いなんて何一つない、すべてに意味がありますね。

 

 

学校で過ごす時間も楽しいばっかりではないしいろいろほんとにありますが

息子が心身ともに健康で、当たり前に学校に行って、一日を過ごすことがとっても嬉しいです♡

 

私は先のことを考えて、動けなくなってしまうところがあります。

 

これからもうずっとこうやって安定していけるという保証はないし

先のことはだれにもわからない。

それはいま学校にいけていて不登校になったことのない子にも誰にでも起こりうることですよね。

だから必要以上に構えず、なるようになる!起きて考えよう!と思っています。

 

今こうして、今日も息子が元気に明るく生きていること。

あれだけ苦しかった学校に行けるようになっていること。

そこに感謝して一日一日を過ごしていきたいと思っています。

 

 

こうしてたくさんのことを教えてくれる子供たちのお母さんになれて本当に幸せです。

ありがとう♡

 

ピンクのトルコキキョウとアイスリーの文字

 

 

 

 

 

i.threeは、これから出逢う誰かのために、

悩みも苦しみも涙も一人で抱え込まない場所を提供します。

 

 

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13
Tel :080-2947-7424
Mail:mai.k@i-three.net

 

✨♡YouTube・インスタ・公式LINEやってます♡✨
  YouTube インスタ LINE
    フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. 梅雨明けとコロナウィルスと娘の通院と木下から見上げた空
  2. あ~!夏休み!
  3. 息子の近況
  4. 息子のメガネは定額ニナル
  5. 夏休みが明けて1週間
  6. 自分らしくってなに?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 「私」 を生きる
  2. ストレス発散してますか?
  3. 娘の話。

    2021.06.16

    娘の話。
  4. 「余白」 がさらなる 「余白」 を生む
  5. 「話す」は「放す」
PAGE TOP