Blog

ビクトリーブーケ トルコギキョウ

ビクトリーブーケ/トルコギキョウ

ビクトリーブーケ/トルコギキョウ

#217

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

お知らせ‥‥♡!

どうせ私なんて

どうせ私なんて…と生きてきた

私がどうやってそれを手放したのか

ゆる~っとお話します。

 

 

 

東京オリンピック、皆さん観てますか?

メダリストに副賞としておくられている「ビクトリーブーケ」

東北三県の花が使用されているそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210731/k10013154531000.html

 

このことを私は新聞記事から知りました。

(TVを見ることが無くて…は言い訳ですね汗)

 

*福島産のトルコギキョウ・ナルコラン

*宮城県産のヒマワリ

*岩手県産のリンドウ など東日本大震災で被災した地域で育てられた花を使用されているそうです。

 

大会組織委員会のホームページによると

▽トルコギキョウは福島県が県ぐるみで生産に取り組み、復興への希望を見いだしたこと。

▽ヒマワリは震災で子どもを亡くした宮城県の親たちが子どもたちが避難のために目指した丘に植えたこと。

▽リンドウは岩手県を代表する花で日本で出荷されている半数以上を生産していること

などが選ばれた理由だと書かれています。

 

トルコギキョウば私の大好きな花であり、i.threeのロゴにもなっている花です。

 

原発事故で全町避難を強いられた浪江町で避難指示が段階的に解除された2017年から

復興を進めたいと町をあげて風業被害の受けにくい花き栽培の挑戦を開始したそうです。

 

記事の最後にはこう書かれていました。

「人も、この一生に、ただ一つの花を咲かせるために生まれてきた。

自分にできることを、すべてした人。その人が花だ。」

 

誰もが自分だけの使命の花を持つ。

その種子は、苦難の中で根を張り、

決意と挑戦の先に咲かせた花は、

他の誰かを照らす光になる。

トルコギキョウの花言葉の1つは「希望」

 

 

トルコギキョウの花言葉の「希望」は

紫のトルコギキョウの花言葉です。

 

i.threeの大切にしている言葉の1つでもあります。

「これから出逢う誰かの希望になれたら…」

そんな思いでi.threeは始めまりました。

 

私の体験、発信していることが

どこかの誰かの希望になっていたら…幸いです。

 

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも涙も苦しみも一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

i.three

お知らせ

公式LINE

お友達追加でPoints of youプチセッションプレゼント中です!

詳しくはコチラをご覧ください^^→https://i-three.net/news/line/

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

皆さんともっと繋がりたいとの想いから質問やテーマを募集しています。

お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

8月の予定  

 

8月6日(金)21:30-22:00
Instagram Live

 

どうせ私なんて

直前にライブ配信のお知らせを公式LINEでする予定です。
公式LINE登録はコチラから→https://lin.ee/RYWpKpi

 

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. Clubhouse
  2. 自己肯定感UP
  3. Points of you モニター募集
  4. おしゃべりサロン♭ ありがとうございました♡
  5. エムリンクスの前田さん 初上陸~‼ の巻き
  6. 緊急事態宣言

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 子供のネガティブな感情の 受け止め方
  2. 押し付けないみとめる
  3. 不登園の対応
  4. 2021.09.14

    宝物の時間
  5. 私は頑張っているお母さんを 抱きしめたい!
PAGE TOP