Blog

やってみたいな…でも… と思っている事はありませんか?

ついに実行しました!

髪の毛を紫に‥‥♡

#218

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

どうせ私なんて

何をするにも「どうせ私なんて…」って思っていました。

どうやって手放したのか、きっかけ、方法をゆるっとお話する予定です。

良かったら覗きにきてください!

 

 

 

私、髪を整えてきましたー!

(/・ω・)/ひゃっほーい!

 

髪の毛に関心がなかった頃は味わえなかったこの喜び!

髪の毛が艶々になって整うと心が元気になります。

 

行くのと行かないのとでは全然違うのが今ではよーーーくわかります。

そろそろ行かなきゃ~というときはパッサパサのぼっさぼさになってきます(笑)

そうなると、不思議と気持ちもぱさぱさになってくるんですよね。

 

整えるって大事!

 

 

今回は、ずっとずっとやりたい!と思っていてできてなかったこと

「紫に染める」

をついに実行してきました!!

めっちゃ気に入ってます♡!

紫に‥‥

長かった伸ばしっぱなしの前髪も似合うように整えてもらいました!

ちょっと若返った気分です、この前髪も気に入ってます♪

 

 

私、ついついやる前に色々考えてしまうんですが、

やってみないとわからないことって結構ありますよね~!

 

やる前に、考えて答えが出ることなら存分に考えてみたらいいと思うんですが

やってみないとわからないことをやる前に頭で考えても答えって出ません。

 

私の中で「紫」は

10数年ぶりに美容院に行ったときからずっと頭にあったこと。

 

やってみたい‥‥でも似合わないかも…

やってみたいけど…後悔したくない…

でもやってみたい…

 

ずーっと頭にぐるぐるあったことです。

 

最近髪の毛に老いを感じていて

悩んでいる間にできなくなるかも…って思った瞬間があって

1回はやりたい!とおもったで、今回決断しました。

 

やってみたいな…でも…って思っている事ありませんか?

思い切ってこの夏やってみませんか?

 

最後に

美容院が苦手、感覚過敏、人が苦手、不安症の私が通えている美容院は
安佐北区可部にある美容室Haruruさんです。
https://haruru-86.jimdofree.com/

美容院に行けなかった過去はコチラをご覧ください。

女捨ててました。

 

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも涙も苦しみも一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

i.three

お知らせ

公式LINE

お友達追加でPoints of youプチセッションプレゼント中です!

詳しくはコチラをご覧ください^^→https://i-three.net/news/line/

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

皆さんともっと繋がりたいとの想いから質問やテーマを募集しています。

お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

8月の予定  

8月6日(金)21:30-22:00
Instagram Live

どうせ私なんて

 

どうせ私なんて…とおもってい生きてきた私が

どうやってそれを手放したのか?

ゆるーっとお話しま~す♪

直前にライブ配信のお知らせを公式LINEでする予定です。
公式LINE登録はコチラから→https://lin.ee/RYWpKpi

 

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. TalentFocus🄬詳細解説セミナー
  2. 息子のメガネは定額ニナル
  3. 緊張は敵ではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 子供のネガティブな感情の 受け止め方
  2. 押し付けないみとめる
  3. 不登園の対応
  4. 2021.09.14

    宝物の時間
  5. 私は頑張っているお母さんを 抱きしめたい!
PAGE TOP