Blog

私が笑顔に なれたワケ

私が笑顔になれたワケ

私が笑顔になれたワケ

 

#247

 

 

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

 

子供達が不登校でも笑顔になれる!

と言っている私も

最初から笑顔でいられたわけではありません。

 

 

正直、泣いてばっかりでした。

 

子供達にだけは泣いているのを知られたくない!

(知られてはいけない!と思っていた)

 

と必死に笑顔を作ってました。

 

何をしていても子供達のことで頭がいっぱい。

いつも自分のことが後回し。

後回しならまだまし、自分のことは無視していました。

 

そして

自分がどうしたい?よりも

どうあるべき?で考えていました。

 

だから

嫌だなと思う事に罪悪感

イライラする自分に自己嫌悪

できない自分に悲しくなってみたり

そんな状態でした。

 

そんな私が笑顔になれたのは

 

「自分」を知って

「私」を生き始めたことが大きなきっかけです。

 

 

自分を知るために私の場合有効だったのは

「好き」「嫌い」を書き出すワーク・TalentFocus®です。

 

「好き」「嫌い」の書き出しは書き出すのが最初は大変でした。

え?出てこない‥‥と書き出し始めは焦りましたが

考えると色々出てくるものなんですよ~!^^

私が参加したのはお互いに共有し合う事で気づきも生まれるワークでした。

 

TalentFocus®は才能特定開発プログラムです。

自分の生まれ持った才能がわかります。

TalentFocus®を通して自分を知ることで、

やろう!べき!と思って行動していたことのうち

嫌だなと感じていたものは自分の才能ではない部分だったから

自分がだめだから出来ない、しんどいのではなく

才能ではないことを一生懸命やろうとしていたから

そうわかってとってもホッとしたのを覚えています。

 

そして、自己対話を続ける中で

私は「私」を置き去りにしてきたんだ…

ということに気が付きました。

 

お母さんとして

妻として

嫁として

娘として

それらを考えれば考えるほど

「私」

が置き去りになっていた。

 

私は「私」を無視してきたんだ。

 

そう思ったときに

だから私は笑顔になれなかったんだ!

と気づくことができました。

 

自分を知り

自分を大切にし

「私」を生きれば

笑顔になれる!

 

私の体感です。

 

 

明日も笑顔あふれる素敵な一日になりますように…♡

 

i.three

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも涙も苦しみも一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

 

お知らせ

公式LINE

お友達追加でPoints of youプチセッションプレゼント中です!

詳しくはコチラをご覧ください^^→https://i-three.net/news/line/

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

皆さんともっと繋がりたいとの想いから質問やテーマを募集しています。

お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

9月の予定

9月24日(金)21:30-21:45
Instagram Live

直前にライブ配信のお知らせを公式LINEでする予定です。

友だち追加

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. 1年前の今日
  2. 緊張は敵ではない
  3. たっぷり手放した 秋分の日
  4. 新年のご挨拶
  5. 子供が不登校でも笑顔になれる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. オープンスクール
  2. どの様な方からサポートを受けましたか?
  3. もうすぐ一粒万倍日 あなたは何を始めますか? どう過ごしますか?
  4. 共に一歩前へ
  5. やる気をもって生き生きと生活するために必要な3つのこと
PAGE TOP