Blog

褒めるが難しい

褒める、難しいと感じる理由

褒める、難しいと感じる理由

 

#496

 

「褒める」が難しい…

私自身もこのことには悩んできましたし

セッションの中でよくお聞きます。

 

褒めれなくて…

と悩まれている方多いです。

 

私達が「褒める」を難しく感じるには

ワケがあるんです!

 

 

私達アラフォー世代、それより前の世代は

「褒める、みんな違ってみんないい」

という教育ではなく

「叱る、みんなと一緒、苦手は克服!」

という教育が主流だったと思います。

 

褒められるより叱られるほうが多く、

褒められることよりも、叱られないために

私自身頑張ってたように思います。

 

そして何かすごいことをした人が

褒められるという風に感じていました。

 

今当たり前になっている

「褒める」

が私達の世代は当たり前ではなかった。

 

あまり「褒められる・褒める」

という体験をしてないですよね。

 

だから戸惑うし

難しいと感じるんだと思うんです。

 

あなたがダメだからできない

あなただからできない

ではなくて

経験値が少ないから

難しいと感じているだけ

 

そう私は思うんです。

 

 

 

私達世代は経験していないけど

「子供を褒めて育てましょう」

「自分を褒めよう」

「褒めよう」「褒めよう」

という言葉に沢山触れ

日々一生懸命子供と向き合っていますよね。

 

わからない、知らない

でも求められる。

 

だからめちゃくちゃしんどいんです。

 

私も一時期この「褒める」という言葉に

かなり苦しみました。

ねばならないの呪縛にとらわれてしまったんです。

苦しい時期は脱しましたが

今でも、褒めるって簡単なようでなかなか難しい

と感じることも多々。

 

そんな時は自分がダメだから

とか

できてない

とか

自分を責めそうになるけど

 

ちょっとまってまって~って

自分に声をかけるようにしています。

 

ほとんど経験してないんだもん

できんわいね!(笑)

意識していればいつかスルっと

できる日来るけん、大丈夫。

 

そして気持ちが落ち着いた時

自分に聞きます。

 

褒めるってなんだっけ?

本当に褒めてない?

本当にできてない?

 

できてない!

ないない!に目が行き過ぎて

気付けてないんじゃない?

思い込んでない?

って確認します。

 

そうしたら

意外と褒めてたりするんです~(笑)

 

 

子供さんを褒めていますか?

どんな時に褒めていますか?

どんな風にほめていますか?

気を付けていること、

コツなどありますか?

 

また、かつての私のように

褒めなければ!

と焦ることはないですか?

 

褒めれていない

と落ち込むことないですか?

 

怒ってばっかりだな

と自己嫌悪してませんか?

 

 

 

大丈夫ですよ。

きっとあなたが思っている以上に

子供の事、家族、周りの人の事

褒めてるとますよ。

 

気付けてない、見えてないだけ

と思いますよ。

 

みんな違ってみんないい

だから子育てに正解はない♡

 

あなたが子供を思う気持ち、愛情に

自信をもってくださいね♡

 

 

では、また‥‥♡

i.three

 

 

 

 

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも苦しみも涙も一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

 

お知らせ

 

公式LINE

👇公式ラインお友達登録で
思考整理のワークプレゼント🎁

友だち追加

※TAPで登録できます♡

先行案内、blog更新など各種お知らせ、各種お問い合わせに加えて

質問や体験談を募集しています、お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
i.three公式Line
登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。

個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。

 

関連記事

  1. 「自分で決める」 譲れません
  2. 第三の居場所の 見つけ方・繋げ方
  3. 息子の進路
  4. 息子と進路について語る
  5. 息子の近況
  6. 旅立ちの日に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. ストレス
  2. 娘とバス

    2024.04.19

    娘とバス
  3. ”デブとラブと過ちと!” の話
  4. 春は怒りっぽい季節
  5. 入学式

    2024.04.12

    入学式
PAGE TOP