Blog

私は頑張っているお母さんを 抱きしめたい!

頑張っているお母さんを抱きしめたい!

頑張っているお母さんを抱きしめたい!

#242

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

学校が辛くて、親子共に沢山悩み、苦しみ、泣いてきました。

 

いろいろな人と縁する中で

いいこともあれば悲しいこと、嫌なこともたくさんありました。

 

特に心にグサっと来たのは

「ご家庭でなにかありましたか?」

「お母さんがそうだったら子供もそうだよ」

「お母さんが変われば、子供もかわる」

「子供ががんばってるからお母さんも頑張って」

「お母さん子供さんをもっと褒めてあげましょう」

「お母さんがもっとこうしたらいいのでは?」

という言葉。

いちいち自分のせい?と傷つきました。

責められている言葉に感じていました。

 

 

お母さん、お母さんん、お母さん・・・

お母さんが、お母さんが、お母さんが・・・

 

間違ったことするかもしれないけど

頑張ってるのに・・・すべて私のせいなの?

いちいちきずついて落ち込んでいました。

 

 

今はこう思います。

それ、不登校に限らなくない!?

だから何!?

って(笑)

 

 

色々あったから今はこう思えるのですが、

当時はとにかく傷つきまくってました。

 

すっっっっっごい泣きました。

 

だれか助けて‥‥って何度も心で思いました。

 

すごく孤独で心細かった。

 

 

そんなお母さんがもしどこかにいるのなら

 

大丈夫だよ。

一人じゃないよ。

あなたは充分頑張っているよ。

頑張りすぎないで。

頑張らなくてもいいんだよ。

そのままのあなたが素敵だよ。

 

と声をかけてあげたい。

 

そっと寄り添いたい。

ぎゅっと抱きしめたい・・・。

 

 

そして、3~4人の小さい集団で

指摘も探りもない、互いに寄り添って近況含め、なんてことない話、

我が子の話、不登校ならではのエピソードを笑って話せる場があったらどれだけ楽だろう。

 

そんな想いからi.threeを立ち上げよう!っとなりました。

 

 

実際にはHSPで、肌が触れることが苦手だから抱きしめたい!

という思いはあってもできないんですけどね(^^;

気持ちの中ではそうです。^^

 

 

子供達を守り支えるお母さんこそ元気で笑顔でいられるように

一番側でじっと見守って、心無い言葉に耐えて歯を食いしばっているお母さんにこそ

頑張ってるねと声をかけてあげたい。

 

そう思って活動しています。

 

以前インスタライブで似たような話をしました。

よかったらそちらもご覧ください。

 

あなたの明日が今日よりもっと素敵な一日になりますように…♡

 

i.three

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも涙も苦しみも一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

 

お知らせ

公式LINE

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

皆さんともっと繋がりたいとの想いから質問やテーマを募集しています。

お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

9月の予定

9月24日(金)21:30-21:45
Instagram Live

直前にライブ配信のお知らせを公式LINEでする予定です。

友だち追加

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. 自分を楽しむ
  2. 去年の今頃は
  3. 一粒万倍日、本日より開業致します
  4. 過保護・・・?
  5. 桜梅桃李
  6. 2021年 初のまるっと朝活

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 子供のネガティブな感情の 受け止め方
  2. 押し付けないみとめる
  3. 不登園の対応
  4. 2021.09.14

    宝物の時間
  5. 私は頑張っているお母さんを 抱きしめたい!
PAGE TOP