BLOG

切断した結婚指輪

切断した結婚指輪

#53

 

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

2年前、主人がケガをして指輪を切らないといけなくなり切断した結婚指輪💍

切断した指輪

手術後受け取った切断された指輪

 

直すか、新しいのを買うか、結婚指輪をするという事自体を手放すか・・

夫婦で何度も話しました。

 

私は修理派、買い替える必要ある?と考えてました。

主人はどうせなら買い替えたい!と。

 

私はほんっとうにお金に困っていた時に買った結婚指輪で

限られた予算の中でこれ!とトキメクものを探すのにとっても苦労したし
あのころ本当にお金がなくて、よく生きてこれたものだと振り返って思います。

色々なことを一緒に乗り越えをてきた思い入れのある指輪。

このまま直して使おうよ~という想い。

 

主人はというとせっかくだから(?)買い替えるのもいいじゃん?と。

 

万が一買い替えるなら、~周年とかじゃない??

って言いながら今年15周年だけど今じゃない気がする私。

 

 

ん~~~!(二人でうなる)

 

っとなり、また振り出しにもどる。

 

みたいな事を繰り返し・・・・・・。

やっと今年の春直すことを決め、修理に出すことにしました。

 

直すと決めるまでにも時間がかかりましたが・・・

決めてからも持って行くのに時間がかかり・・・

持って行ったら

・指輪自体がゆがんでギザギザに切ってあって直せるかわからない

・刻印がきちんと戻せるかがわからない

とのことで出してみないと直せるかわからないとのことでしばらく待機

 

どうなるんだろう?

直らなかったら買い替えか、結婚指輪をなしにするか考えないといけないな・・・

と思いながら待ちました。

 

しばらくして「直せます」との返事をいただいて直すことにヾ(≧▽≦)ノ

 

 

そして先日

ピッッカピカになって戻ってきました♡✨

結婚指輪

ぴっかぴか✨

 

主人の指輪がキラキラになって帰ってくるとのことで私のも磨きに出したので

私のもピカピカになって帰ってきました~♪

わーい!(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

結婚指輪

指輪戻ってきて初めてはめた記念

 

ぱっと見新品みたい!!

戻ってきて嬉しいな~♪

 

 

主人はケガした時、指輪がある事で薬指が壊死するといわれ指輪を切断しました。

普段お仕事でもケガをする可能性があるため、現場に出ない日か、休みの日にしかつけないようにしているようです。

 

私はずっとつけているので磨いた指輪、だんだんと輝きが減ってきています💔

一瞬悲しい気持ちになったけど(私キラキラしたものが好きなんです)

それだけ一緒に過ごしてきたっていう証と思えば悪くない♪

 

別れはいつくるかわからない。

まだ若いから・・・なんてことは誰にも言えない。

だから顔をみて朝主人と、子供と別れるようにしています。

愛しい家族と1秒でも長く一緒に過ごせますように♡

 

今日は日曜日ですね、私もお仕事お休みです♪

みなさんもよい休日をおすごしください🌸

ピンクのトルコキキョウとアイスリーの文字

 

 

 

 

 

i.threeは、これから出逢う誰かのために、

悩みも苦しみも涙も一人で抱え込まない場所を提供します。

 

 

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13
Tel :080-2947-7424
Mail:mai.k@i-three.net

 

✨♡YouTube・インスタ・公式LINEやってます♡✨
  YouTube インスタ LINE
    フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. ニューハーンディ
  2. ノースリーブをとっても素敵に着こなす人
  3. 整理収納アドバイザーの伊藤オリエさんと
  4. ゆめのたねラジオパーソナリティの 後藤玲子さんと
  5. ホッとLINE
  6. 整理収納アドバイザーの伊藤オリエさん は素敵な魔法使い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





不登校気味な学生時代を過ごし、母として子供達2人の不登校を経験。

様々な悩みに直面する中で「親子共に安心できる場所を作りたい!」と思いi.threeを立ち上げました。

現在主にお母さんに寄り添う活動をしています。


最近の記事

  1. 不登校 おうちでの過ごし方 2
  2. 不登校 家での過ごし方
  3. 不登校ママのしゃべりサロン はじめます♡!
  4. 聴覚過敏と文房具
  5. 息子の進路
PAGE TOP