Blog

夫の理解がありません

夫の理解がない

夫の理解がない

 

#312

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

    \まもなくです♡!/

公式Lineプレゼント

↓登録はコチラから↓
友だち追加
登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

 

今日は久しぶりに質問シリーズです。

「夫の理解がないんです。」

「主人に話してもわかってくれなくて…」

「かねやまさんはお子さんの不登校についてご主人とはどうでしたか?」

など聞かれることあります。

 

我が家はどうだったかというと

理解が全くなかったわけではないですが

理解してくれないと私は感じていました。

 

協力は0ではないけど

一緒に考えてくれたり主体的に動いてくれるということは

ありませんでした。

 

学校と話をしに行った時も

どちらかというと私が前に出て話すことが多かったです。

 

学校に話しをしに行く際は極力一緒に行ってくれていましたし

PTA役員の時は早めに帰ってきて子供を見たりしてくれてました。

(不登校の時にPTA役員やってました…家にいてピンポンが鳴ったらどうしようと不安が強かったので置いていくのもできなかった時期がありました)

 

でもそのことへの感謝よりも

どうして聞いてくれないの!

なんでわかってくれないの!

という気持ちがいっぱいでした。

 

いっぱい泣きました。

何度も訴えました。

 

当時本当につらかったです。

主人もしんどかったと思います。

 

ほかに話せる場ができて

話せる人に出会え

一緒に親身になって考えてくれる誰かに出会えてから

気づくと手放せていたんです♡

たまにはわかってよ~!ってなりますが…たまにです笑)

 

 

主人にわかってよ~!聞いてよ~!って思っていた時は

主人しか話せない、他人に話すほどの事じゃないと思っていたり

人とかかわるのも怖くて実際山籠もりみたいな生活をしていたので

人と接することが極端に少なかった。

 

本当に主人しかなかったんです。

 

さらに、夫婦で情報共有しておかないといけないという思い込みや

夫婦なら子供の事を話して決めるものという思い込みがありました。

主人にわかってほしかったというよりは

私のしてほしいこと、私の欲している存在を

主人にやって!

と押し付けていたように思います。

 

その役割は主人じゃなくてよかった。

主人じゃないといけない事じゃなかった。

 

それに気づいてからぐっと楽になりました。

(喧嘩0!超仲良し!とかではないです、その域にはまだ達していません💧)

 

主人がわかってないことに対しての不安も今0です。

全く困りません!(笑)

むしろ

「え?こないだ話たよね?忘れたの?どうでもいいってこと?」

みたいな悲しさからくる怒りもなくなりましたし

「だってあなた知らないから仕方ないよね」

って流せる場面が増えました。

 

 

ご主人に話したい気持ち

わかってほしい気持ち

すっごくすっごくわかります。

 

でもそれ本当にご主人にしか話せない事ですか?

 

わからない人を捕まえてわかってよ~!と話すより

共感し合える誰か、わかるよ、わかろうとしてくれる誰かに話す方が

何倍も何百倍も前に進めますよ~♪

2/17 インスタで使える! 
フィルターについての資料をプレゼントします♡!

公式Lineプレゼント

こんなことがわかります♪

・フィルターの使い方
・検索の仕方
・保存方法
・おすすめフィルターご紹介

その他公式Lineでは

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

質問や体験談を募集しています、お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

 

i.three

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも苦しみも涙も一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

 

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. 去年の今頃は
  2. 【不登校】 私のリサーチオタクが 役に立った話 (1)
  3. 息子、修学旅行へ行く の巻き
  4. MerryChristmas
  5. タイトル「子供たちの今までと現状」リングノート
  6. 「見守る」ができるようになったのは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 娘と感覚過敏

    2022.09.16

    娘と感覚過敏
  2. いつも笑顔のママでいるために意識していること
  3. こころとあたまを整理する
  4. やらないよりもやってみるを選ぶ
  5. 時間がない!卒業
PAGE TOP