Blog

子供たちが不登校になったとき まずやった2つの事

子供達が不登校になって最初にした2つのこと

子供達が不登校になって
最初にした2つのこと

 

#361

\自分をまるごと愛し「私」を人生の主役に👠/

元不登校の子を持つHSP元引きこもり主婦です。

一歩踏み出したいあなたにとことん寄り添います♡

❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。.

 

子供が不登校になって

私が最初にやったことは

休む&楽しむ

です。

 

 

とにかく休む!

とにかぁぁぁく休む!

 

 

なぜそうしたのかというと

子供の

こころが限界

なのを感じたからです。

 

回復が先だなって思ったんです。

 

 

そのために

楽しむ

も必要。

と思ったので

少し元気になったところで

楽しいことをする

ということを始めました♪

 

どんなことをしたのか?

というと

一緒にカードゲームをしたり

一緒にYouTubeをみたり

一緒に工作したり

そこから始めました。

 

なぜ一緒に?

というと

一人では何かをする

という気力さえなくなっている状態だったので

私がテンションを上げて

気持ちが少しでも

やろう

とか

仕方ない付き合うか

教えてやるか(カードゲームとか)

という方向に向くようにして

一緒にやるようにしていました。

(最初は)

 

それらすべては

心の回復のため

です。

 

心が元気じゃないと

本当に何もできません。

 

 

心が元気でないと何もできない

私自身これを何度か経験をしていて

それらがあったから

余計こそ思うんです。

 

心が元気じゃなきゃ

本当に何もできません。

 

あなたも当てはまることはありませんか?

 

 

体が元気で

心に余裕があり穏やかなときは

子供がお茶をこぼしても

「も~きをつけんさいよ~」

もしくは

「濡れてない?」

ぐらいで済むことが

体が疲れて

心に余裕がなくイライラしているとき

同じようなことがあったら

「こらー!なんしよるんね!」

「もー-!またこぼした!」

など怒ってしまう。

 

そんな風なことが

いろんな場面であると思います。

 

 

こころの状態によって

 

傷ついたり

悲しくなったり

腹が立ったり

まったくきにならなかったりしませんか?

 

 

それと同じなんです。

 

心が弱っているときは

どれもこれも過敏にキャッチして

必要以上にきずつき

エネルギーがなくなってしまいます。

 

心が元気かどうかは

重要ポイントだと思いませんか?

 

だから私はまず

休む!

楽しむ!

をやったんです。

 

もし、今

あなたが

お子さんの不登校に悩んでいるのなら

まずお子さんが心も体も元気かどうか

それを確認してみてくださいね。

 

元気かどうか?

そこがスタートだと思います。

 

そして、あなたの体は

心は元気ですか?

 

そこも見てあげてくださいね。

 

お母さん自身がまず元気でないと

お子さんに何もしてあげれないから・・・・

 

お子さんを思うなら

あなた自身の事を

大切にしてくださいね。

 

では、また・・・・❀

 

 

i.three

 

 

 

 

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも苦しみも涙も一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

先行案内、blog更新など各種お知らせ、各種お問い合わせに加えて

質問や体験談を募集しています、お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
i.three公式Line

登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。

 

 

~これから出逢う誰かの希望に~

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. 誰の何のため?
  2. 娘の話。
  3. 不登校になったきっかけ
  4. 私の親友
  5. 息子の参観日 行ってきました!
  6. Instagram Live自分を楽しむ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 時間がない!卒業
  2. 継続のコツ

    2022.08.2

    継続のコツ
  3. 0が輝いていた 成績表
  4. 【不登校】 私のリサーチオタクが 役に立った話 (1)
  5. 子供たちが不登校になったとき まずやった2つの事
PAGE TOP