Blog

学校、本当 楽しくなかった‥‥(笑)

学校本当楽しくなかったな…(笑)

学校本当楽しくなかったな…(笑)

#237

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

私、学生時代

学校本当楽しくなかったです(爆)

 

皆さんは楽しかったですか?

どうでしたか?

 

 

小学校では黙っていることができず

廊下に立たされたこともあります。

ビンタされたことも…

(今では体罰になりますね…)

お口チャック!ができない子でした(^^;

 

 

通知票をもらう懇談があるたびに

母に

「毎年毎年落ち着きがありません、

人の話を聞いていません、

ずっとしゃべってますっておんなじこと言われてから!」

と怒られていました(笑)

 

 

小6、中1.2と学校に行きたくないと数日休んだ時期がありました

 

どれも同級生とうまくいかなくなって

悪口を言われたり、無視されたり、言ってないことまで噂をながされたり

物がなくなったり…。

それらが原因で学校に行きたくなくなりました。

 

うまくコミュニケーションが取れないから…

人と関われば関わるほど私は人を不愉快にしたり

怒らせたりきずつけたりと何かしてしまうので

どんどん人と関わることが嫌になりました。

 

思ったことを衝動的に言ってしまって

人を傷つけてしまったり…

同級生とは特にうまくいきませんでした。

 

 

私の世代って

登校拒否になってること

いじめられていること

は恥ずかしいことという価値観があって

さらにそれをネタにからかわれる

空気があったので

 

数日休んだら、何にもない顔をしていこう!というのが私の中にはありました。

ごまかせる範囲内で休みたかった。

 

 

高校の時もやっぱり人間関係が難しかったのと

勉強がしんどかった

何のために?が見えなかった。

(みなかった‥‥が正しいかもしれません。)

 

 

私は本当に家に居たくなくて

仕方なく学校に行っている

学校に行くしかなかった

という感じでした。

学校の方がまし…。

学校にかなかったら家に電話も行くし、

めんどくさいというのもあって行く選択しかなかったですね。

 

思春期というのもまぁありますが‥。

当時、家が居心地悪かったんです。

 

このあたりの話はちょっと長くなてしまうのでまた別の機会に…

 

 

高校では保健室をよく利用していました。

めっちゃ保健室の先生と仲良かったです(笑)

 

 

 

うちの両親は

「学校をやすむな!」とか

「行きなさい!」と言ったことはありません。

「行きたくなったら行きんさい。あまり長く休むと行きづらくなるよ。」

という程度でした。

なにかこうしなさいとか、そういったアドバイスはなく

ただ、「私も昔こんな経験をしたよ」と話てくれました。

 

自分だけじゃなくてみんなが通る道なんだ…と

少しほっとしたのを覚えています。

 

でも家に居たくなかったんですけど(笑)

 

高校で保健室に行ってころ、学校から母に電話が会ったようなんですが

「どうしたんだろ?でもうちの娘は大丈夫じゃろ」

と母は思ったらしく

先生にそうですか~といったくらいで私に聞くこともしませんでした。

 

つい最近、昔話をしていた時に

そういえばこんなことあったわ~と母から聞き知りました。

 

この経験が子供達の不登校にとっても役に立ちました。

 

 

 

「休みたかったらやすんだらいいじゃん!」というのが私の基本の考えでした。

「休むだけ休んだらいくじゃろ!」っていう。

 

私自身の経験もしっかり話して、あとはあれこれ騒がない!と決めました。

 

が!

 

自分の時と違って子供達は

結構時間がかかって‥

当初想像していたことよりも大変で

めちゃくちゃしんどくていっぱい泣きました(笑)

 

振り返ってみると

泣いた分だけ前に進んでいったように思います。

 

息子は今年の4月までは主に別室登校をしていましたが

4月になり進路を意識したことから教室に行くようになって

今はバリバリの思春期です(笑)

 

娘は小5~すー!と行けるようになって

6年生になってからは「6年生・最高学年」に戸惑ってる部分もありながら

なんとか調整しつつ通っています。

 

 

このblogを読んでくださっている方の中に

お子さんの不登校に悩み苦しみ涙している方がいらっしゃると思います。

 

泣いたっていいんです。

笑顔になれないときもあります。

 

大丈夫ですよ。

先は見えないし、前か後かわからなくなるけど

着実に一歩ずつ前に進んでいますよ。

 

 

明日も素敵な一日になりますように…♡

 

以前、インスタライブで私の学生時代のこと、

そしてその経験が子供達の不登校でどう役立ったか

についてお話しました。

その動画をYouTubeにアップしています。

よかったらご覧ください。

i.three

i.threeは、これから出逢う誰かの

悩みも涙も苦しみも一人で抱えこまない場所と

「私」を生きるきっかけを提供します。

 

お知らせ

公式LINE

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

皆さんともっと繋がりたいとの想いから質問やテーマを募集しています。

お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

 

9月の予定

9月8日(水)21:00-21:30
Instagram Live

生き方デザイナーの高田敬子ちゃんとの月一定例Live!

今月のテーマは「認める」

直前にライブ配信のお知らせを公式LINEでする予定です。

友だち追加

 

9月24日(金)21:30-21:45
Instagram Live

直前にライブ配信のお知らせを公式LINEでする予定です。

友だち追加

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13

YouTube インスタ LINE Twitter
フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. ご縁の不思議
  2. 『褒める子育て』をする為に必要なこと
  3. ポージングって なんですか?
  4. 自分らしくってなに?
  5. 考えて わかることだけ 考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 子供のネガティブな感情の 受け止め方
  2. 押し付けないみとめる
  3. 不登園の対応
  4. 2021.09.14

    宝物の時間
  5. 私は頑張っているお母さんを 抱きしめたい!
PAGE TOP