BLOG

星空

「普通」というアリジゴクから抜け出して見えたもの

#19

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

コンサルの日の夕方

会社からの帰り

この変化周りの人どう思ってるんだろう?

ってふっと思って、無い頭をフル回転させてぐるぐる考えてたら
※考えすぎてガソリン入れる予定がガソリンスタンド通り越して子供にガソリン!言われて引き返したっていう(;^ω^)

 

パートナーが劇的に変わったときは不倫を疑え

というキーワードがばーん!と脳内から飛び出てきた‼‼

 

なにぃぃ~!!!😱ショック!

 

急に身なりを整えだしてさ~、白黒以外の服着だしたよ~!

ピアスつけたりして、

パーマかけちゃって、髪染めちゃって・・・・

もしかして不倫でもしてるのかしら~って思われてる?

 

え?主人が私をうたがってるかな?

私もしかして主人に不倫を心配されてたりするの~~~!?
※冷静に考えてみるとそんなわけない(笑)

 

と不安になってきて

大変だこりゃ!と思って夜返ってきた主人に速攻で話たら

 

「やっと普通になったんじゃない?」と。

 

「え?えーーーーー?これが?これ普通なん!?」

 

「普通だろ。普通髪のびたらきるし、パーマもするし、髪も染める。美容院いかん人の方が少ないだろ(笑)

いろんな色の服も着るしおしゃれぐらいするだろ~普通普通~!」

 

衝!撃!

 

「えー!普通ってめっちゃ楽しいじゃん!!普通ってめっちゃいいね!!」

発見です✨

 

 

普通ってなに?だけど、ここでつかった「普通」とは多数派という意味です^^

 

自分はちょっと変わっていて少数派なんだろうなっていう感覚が小さい頃からあって

多数派であるいわゆる「普通」にならなきゃ!という想いが多少あった。

学校教育って右習えだし・・

やっぱり枠になかなか入れないことをそれなりに気にはしていました。

母親になってそれがもんっのすごく強くなって

私のせいで子供が恥をかいたらいけない!守らなきゃ!みたいな気持ちが強かった。
※ちょっと自分が変わってるっていう自覚があるがゆえに余計に

 

そして「普通」という名の沼に足を取られて身動きがならなくなっていました。

しかも、その多数派っていうのも私の狭い狭い世界の中での多数であって

実際の多数ともきっと違うんだろうなって今の私はわかるけど

昔、といってもほんとちょっと前までそんなことは思えなくって。

「母として」「人として」「妻として」「嫁として」「娘として」「姉として」などなど

もう気にしてばっかり!

正解がない物の正解を求めようとするからアリジゴク。

 

「普通」「失敗しない」「ねばならない」にこだわりすぎて迷子になってたんだね私。

 

なーんだ!普通になれたんか♡

 

わーい!どうりで最近世界が変わって見えるわけだ♪

 

世界は怖い」だったのが「優しい世界もある♡」と感じるようになり

人は怖い」だったのが「優しい人もいる♡」と感じるようになりました。

ありがたいな、幸せだな。

 

そう思えるようになったのは、

最近出会う人達がとっても優しく素敵なひとばっかりだから。

私に出会ってくれたたすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして

私のしんどい時期をずっとそばで支えてくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

もし私と同じように「世界は怖いもの」「人は怖いもの」と思っている方がいましたら

一人で悩まず、お問い合わせくださいね。

やさしい世界を見てみませんか?優しい人もいること感じてみませんか?

 

ピンクのトルコキキョウとアイスリーの文字

 

 

 

 

 

i.threeは、これから出逢う誰かのために、

悩みも苦しみも涙も一人で抱え込まない場所を提供します。

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13
Tel :080-2947-7424
Mail:mai.k@i-three.net

 

✨♡YouTube・インスタ・公式LINEやってます♡✨
  YouTube インスタ LINE
    フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. たっぷり手放した 秋分の日
  2. 自分らしくってなに?
  3. こころに栄養 与えてますか?
  4. 息子のメガネは定額ニナル
  5. 整理収納アドバイザーの伊藤オリエさんと
  6. 今年の振り返りと来年への思い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





不登校気味な学生時代を過ごし、母として子供達2人の不登校を経験。

様々な悩みに直面する中で「親子共に安心できる場所を作りたい!」と思いi.threeを立ち上げました。

現在主にお母さんに寄り添う活動をしています。


最近の記事

  1. 不登校ママのしゃべりサロン はじめます♡!
  2. 聴覚過敏と文房具
  3. 息子の進路
  4. 断捨離
PAGE TOP