Blog

いけるようになった きっかけはありますか?

いけるようになったきっかけは何ですか?

行けるようになったきっかけは何ですか?

#145

ご覧いただきありがとうございます。

i.threeのかねやまです。

 

生き方デザイナーの高田敬子ちゃんとのInstagram Liveが決まりました。

今回のインスタライブでは先日グループセッションを受けてくれた感想を

敬子ちゃんに聞いてみたいと思います♪

 

当日Live前に公式LINEでお知らせします。

気になる方は是非公式LINEをご登録ください♡

友だち追加

 

 

今日のblogはよく聞かれるシリーズ。

「行けるようになったきっかけはなんですか?」

について書こうと思います。

 

ちょっと今日はきついこと書いてます。

(毒吐いてます。ブラックかねやまです。)

苦手な方はここまでにしてください。

 

きっかけは?

 

いけるようになったきっかけは何ですか?と聞かれたときの私の答え

「特にこれといったものはない」です。

 

申し訳ないんですが、本当にないです。

なかったですね~。

 

 

うちの子たちの場合は結構突然でした。

 

過去のどれかが爆発的なきっかけになったというよりは、

「過去起きたすべてのこと全てが因となり

今を迎えられている。」

と感じています。

 

「これ」と言える大きな出来事はありません。

 

「これ」と「あれ」と「それ」と・・・・ほんと様々な事が積み重なったから。

その様々な事が積み重なったのも、過去あった様々な出来事があったから。

 

 

 

きれいごとに聞こえますか?

 

 

 

私からするとよく

「不登校は○○で解決します!」などといった情報の方がきれいごとに聞こえてしまいます。

 

 

経験者として感じるのは

「方法」も「正解」もないという事です。

 

 

だって、親も違えば子も違う。

生身の人間です、同じ人間でも瞬間瞬間で想いが変わります。

 

「方法」「正解」あってたまるか!って思ってます。

 

 

 

私も、子供が長期いけないという状況になった時沢山検索しました。

どうしたら?

何をしたらいい?

何がわたしにしてあげれる? って。

 

いっぱい出てきました。

 

「お母さんが変わりましょう」

「不登校の子の家庭の特徴(親の特徴)」

「○○すれば不登校は解決します!」

 

不登校の子の家庭の特徴(親の特徴)とか見たときは

動悸がして責められてるような気持になってすごく苦しくて見れませんでした。

 

なんなんでしょうね。

 

悲しくて、怒りを覚えます。

 

 

いい家庭、いいお母さんって何なんでしょう。

何もない家庭、完璧なお母さんって本当にあるんですかね?

必ずしもそれらと=不登校とはならないと思うんですが・・・・。

 

そういう見方が当たり前に広まってるから

不登校の親子は居場所がない。

 

そうはいっても、子供たちが小さい時に比べたら、

「不登校」とか「繊細」「生きづらさ」といった言葉を耳にする機会もぐっと増えています。

 

少しずつかわってきているのだと感じています。

 

※もちろん中には心が楽になったり、希望になる情報もありました。

 

 

そして、もう一つ思うのは

「結局は本人が乗り越えるしかない」ということ。

 

親にできることはほんと少しの事だけなんです。

 

現状(不登校)をとりあえず受け入れる。

自分の(ぐちゃぐちゃな)感情もそのまま受け入れる。

子供に必要そうな情報・モノ・コトとつなぐ。

子供を信じて、未来を信じて見守る。

お母さんがお母さんの人生をおもいっきり生きる。

 

あとは・・・・・ご飯作ったり?掃除したり?

 

これくらいしかできることってないなって思います。

 

 

学校に行くのは本人です。

勇気を出すのも、頑張るのも、本人です。

できることって僅かです。

それなのに、親がどーしたからこーだっていうのは

違うと思うんですよね。

 

私達親ができることは

「子供が元気を取り戻して、自分の力を信じて一歩踏み出す応援をする」

これだけ。

 

でもこれって、不登校限定ですか?

そんなことないですよね。

これって子育ての基本のキなんじゃないかなって思います。

 

不登校だからって特別な何かは必要ないかなと思います。

 

特別な何かがあるとしたら、送迎だったり、付き添いだったり、一人の時間がないとか。

そういう事になるかなと思います。

そういう面でいくとめっちゃしんどかったですね~。

仕事もあるし、兄妹それぞれ下校が違ったり、付き添いがあったり。

パズルみたいでした。

売れっ子芸能人の敏腕マネージャーってこんなかんじなんかな?

なんて想像しちゃったり(笑)

なんで?っていうぐらい忙しくて時間がなかったですね。

 

 

最後にもう一つ、

 

大事なの

お母さんがありのままでいること。

 

そして

自分を大切にすることではないでしょうか?

 

 

自分を責めていませんか?

自分のための時間はありますか?

自分のためにお金つかっていますか?

頑張りすぎていませんか?

あなたらしく、あなた自身の人生を生きることを大切にできていますか?

i.three

i.threeは、これから出逢う誰かのために、

悩みも苦しみも涙も一人で抱え込まない場所を提供します。

お知らせ

5月の予定

 

5月12日㈬ 21:00~21:30
Instagram Live

 

生き方デザイナーの高田敬子ちゃんとのInstagram Liveが決まりました。

今回のインスタライブでは先日グループセッションを受けてくれた感想を

敬子ちゃんに聞いてみたいと思います♪

 

当日Live前に公式LINEでお知らせします。

気になる方は是非公式LINEをご登録ください♡

友だち追加

 

その他

YouTubeにラジオの音源をアップしています、ご覧いただけると嬉しいです。

InstagramliveもYouTubeにアップしています、よかったらごらんください。

 

公式LINE

blog更新など各種お知らせ、イベントの先行案内、各種お問い合わせに加えて

皆さんともっと繋がりたいとの想いから質問やテーマを募集しています。

お気軽にLINE頂けると嬉しいです♡

※公式LINEは1対1のトークルームですので、他の方が見ることはありません。ご安心くださいね♡

↓登録はコチラから↓
友だち追加 登録していただけると飛んで喜びます♡(笑)

※ 質問にはブログ、sns等で回答します。
(すべての質問にお答えするわけではありません)
質問の文章に手を加えさせていただく場合があります、お名前を出すことはありません。
また全ての質問に答えるわけではありません、ご了承ください。
個別に回答が欲しいという方はホッとLINEまたはこころの調律をご利用ください。
※相談は受け付けていません。

i.threeコンテンツの紹介

溜まったものを吐き出しませんか?
こころの調律

まとまらないこと・悩んでいること・困っていることなど人に話す事が
自分で気づくきっかけになったり、頭の中が整ってこころが落ち着くという効果があるといわれています。

たまったものを吐き出して、こころを調律しませんか?

こころの調律

 

いつでも気軽に文字でお話。
ホッとLINE

いつでも好きな時に、ちょっとした不安から、悩み、愚痴、嬉しかったことまでなんでもお話しください。
私自身の経験、考えも、ご質問があればできる限りお答えいたします。

ホッとLINE

自己理解・他者理解におすすめ!
Talent Focus®

日本で開発された、五行に基づく才能特定・才能育成プログラムです。

ご自身の才能わかりますか?お子さんの才能わかりますか?
TalentFocusを学ぶとご自身のことはもちろんお子さんのことがより分かるようになり子育てがぐっ!と楽になります♪

Talent Focus®

 

~これから出逢う誰かの希望に~

金山 舞衣
〒731-0223
広島市安佐北区可部南5丁目15-13
Tel :080-2947-7424
Mail:mai.k@i-three.net

YouTube インスタ LINE
                フォローしてもらえるととっても嬉しいです♡

関連記事

  1. 川手直美さんのオンライン講演会
  2. 生理ちゃんと感覚過敏と私
  3. いつも前向きでいられる方法
  4. 【自分を褒める】ができると 全てうまくいく!
  5. 人間関係は選べる
  6. 聴覚過敏と文房具

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

i.three *金山 舞衣





~「私」を生きることから全て始まる~

ずっと自分のことが嫌いでした。
生きづらさを抱えて生きてきました。

私は不登校気味な学生時代を経験し、
母となり子供たちの不登校を経験。

様々な問題に直面する中、
「私」を生きることで
見える景色が変わりました。

その経験から「私」を生きる人を増やしたいと活動しています。


最近の記事

  1. 緊急事態宣言

    2021.05.15

    緊急事態宣言
  2. 不登校になったきっかけ
  3. 今、想うこと

    2021.05.13

    今、想うこと
  4. 振り向けば 【ねばならない】 がいる現象
  5. 子供達のお誕生日
PAGE TOP